マルチ商品って何?eラーニング研究所のことを調べてみよう!

株式会社eラーニング研究所の役割について解説。

株式会社eラーニング研究所は、2002年9月に設立し大阪府吹田市に本社を置いている会社、主な事業内容な社名にもありますが、eラーニングに関するサービスの企画・製作・開発・販売・運用の5つです。eラーニングは、自宅や好きな場所で自由な時間帯の中で学習することができるインターネットを介した楽手スタイルの総称になるものです。学校に通って学習したいけれども、仕事が忙しくて学校に通う時間がない人などeラーニングなら帰宅してから寝るまでの時間帯や休みを使って学ぶことができます。そのため、eラーニング研究所は教育のグローバルネットワークを創造するといった役割を持つ企業でもあり、子供から大人まで全ての人々が学べる環境づくりを創出していることになるわけです。

そもそもマルチ商品とは何を意味するものなのか。

eラーニング研究所が提供する商品をマルチ商品と呼ぶ人も多いようですが、マルチ商品とはどのようなものを指すのかご存じでしょうか。これはマルチとも呼ばれるビジネスモデルの中で販売が行われる商品もしくはサービスを意味しているものでeラーニング研究所が提供しているeラーニングサービスそのものがマルチ商品になることもある、このようにいわれています。一見、マルチ商品と聞くとあまり良いイメージを持たない人も多いかと思われますが、eラーニング研究所が提供するeラーニングサービスはマルチ商品の場合もあれば、単独で利用できる場合もある、このような特徴を持っています。また、eラーニング研究所が提供するeラーニングはフォルスクラブと呼ばれている商品名で、公式サイトやeラーニング研究所の子会社でもある株式会社イーコミュニケーションズが提供するサービスを参照することで単独でも利用できることが分かります。

マルチ商品になるケースとは。

eラーニング研究所が提供しているサービスがマルチ商品になるケースというのは、フォルスクラブのことを知り合いなどに伝えて販売員となり、それを販売して購入して貰った場合になります。販売員になると元締めとなる会社からは特定のマージンを受け取ることができるので、より多くの人々にフォルスクラブを宣伝すれば利益を得ることもできるわけです。ただ、eラーニング研究所はマルチ商品の形で販売することをポリシーにしているわけでなく、あくまでも経済格差や地域格差が生み出す教育格差をなくすことを目指している、eラーニング研究所および子会社の株式会社イーコミュニケーションズが提供しているフォルスクラブと呼ぶeラーニング教材を使うことで社会人になってからの競争力の底上げを実現させて、結果的に生涯学習ができる環境を提供するなどのポリシーがあります。一見、マルチ商品などのイメージがあるけれども、公式サイトにアクセスを行うとこのようなことを感じさせない正しいビジネススタイルを貫いていることが明確です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。