フォルスクラブとマルチ商品の関係とは

マルチ商品とは一体どのようなものか

世の中にはたくさんの商品がありますが、中でもマルチ商品と呼ばれるものを扱っている会社もあります。マルチ商品とは、マルチ商法における商品の事ですが通常は手に入りません。例えばスーパーマーケットやコンビニエンスストアに行ったとしても、そのような商品が手に入る例はほとんどないわけです。何故かと言えば、マルチ商品と言うものはネットワークのビジネスでしか扱っていないからです。販路を限定させることで希少性を持たせているのです。もちろんその会社に申込書を送り、購入手続きをすれば毎月購入できるかもしれません。しかしそうでなければ、通常の人はまず目にすることがないものといえます。

マルチ商品は物質的なものであることが多い

商品と名前が書かれているものは、基本的に物質的なものが多くなります。例えば健康食品と呼ばれるものは、蓋を開けたところ全く形がないものが入っていると言う事はありません。また、電子マネーのように、健康食品が形のないものとして取引されるケースもないでしょう。つまり一般的にはマルチ商品と呼ばれるものは何らかの物質がそこに存在するわけです。健康食品であれば、パウダーやタブレットなどが存在しておりこれが取引されることになります。
このようなマルチ商品は、マルチ商品の中でもサービスを前提とするものがあることを知っておきましょう。具体的には、マルチ商品の中で為替取引が商売になっているケースもあります。このようなマルチ商品も最近は増えてきているのが特徴です。また仮想通貨などが、この対象になっているケースもあるかもしれません。いずれにしても、基本的にマルチ商品と呼ばれるものは物質であり最近は若干ですが非物質的なものもあるといえます。

フォルスクラブは非物質的なものである

フォルスクラブと呼ばれるところがありますが、これは様々な教材などを販売している会社のサービスになります。フォルスクラブはインターネットがあることが前提であり、最近は在宅ワークなどでもフォルスクラブの教材を使っている人がいます。また英会話なども、フォルスクラブで扱っていたこともあり、フォルスクラブ自体は有名といえば有名かもしれません。よくマルチ商品など今後されるケースがありますが、フォルスクラブが商品ではなく物質では無いものといえます。

フォルスクラブと実体のないマルチ商品は同一のものか

フォルスクラブと呼ばれる所には、様々な商品があふれていますがそのフォルスクラブ自体は物質ではありませんがマルチ商品の中には物質のものが存在しているわけです。そうするとこの2つが混合し、0の概念を考える位難しいものかもしれません。いまひとつはっきりと分けることができないため、白黒はっきりした人にとってはあまりお勧めの話ではないといえます。フォルスクラブは物質なのか非物質なのか、それとも「存在する概念」なのか「存在しない概念」なのか、深く考えると日が暮れてしまいそう。いずれにしても、それぞれカテゴリーは同じようで違いますので、この点をよく理解しておかなければ混合したまま夜も眠れなくなってしまうでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。