フォルスクラブとマルチ商品の意外な関係性

フォルスクラブとはどのようなところなのか理解したい

ネットで検索すると、フォルスクラブと呼ばれるところがあります。フォルスクラブは、健康クラブ等と異なりトレーニングジムなどではありません。では一体どのようなところかと言えば、フォルスクラブは主に教材などを販売し勉強の助けになる会社の1つです。例えば教材を販売すると同時に、動画などを配信することにより資格試験の勉強ができる者になるわけです。資格試験の勉強することにより、その資格に合格したとすればその人の人生にとって大きな第一歩になるのは間違いありません。それ以外にも、語学の勉強などをするときにフォルスクラブの教材を使う人がいます。ちなみにフォルスクラブの語学は英語が中心となっており、他の外国語を勉強することはできません。ただ英語を学びたい人は多く、フォルスクラブの教材と動画などを使えばしっかりと英語を身に付けることができるでしょう。

マルチ商品とは一体何なのか

マルチ商品と言う言葉がありますが、この商品とは一体何なのか知っている人はあまりいないはずです。商品には、様々に使える商品と言う意味もありますが、マルチ商法に使われている商品と言う意味もあるわけです。ある商品は、風が吹くと飛んでしまうため、それを抑える商品も一緒に買わなければいけません。このような特徴があるのがマルチ商品と呼ばれるものです。この種類のマルチ商品を知っている方は相当なマニアックだと言えます。詳しくはマルチングで調べてみてください。ただその一方で、マルチ商法のマルチ商品も存在します。マルチ商法は、基本的にネットワークが形成されているのが特徴であり、リピートすることにより1番上の人や上のほうの人にお金が入る仕組みです。下のほうの人をたくさん集めその人たちに商品をリピートしてもらえば、その商品の売り上げの5%から10%位が、そのアップに入る仕組みになります。これによりより良い商品を流通させれば、それだけ収入が得られる仕組みです。

マルチ商品とフォルスクラブの関係はあるのか

フォルスクラブでは、マルチ商品を扱っているのではないかと言う話もありますが、これに関しては否定されているところです。フォルスクラブは特にマルチ商品を扱っているわけではなく、教材などを扱っている会社です。どちらかと言えば、形のないものと形のあるものを扱っており、そもそもグループを形成しているわけではありません。

フォルスクラブがグループを形成したらどのようになるか

ではもし、フォルスクラブがマルチと同じようにグループを形成したらどのようになるでしょうか。その中で扱われる商品はマルチ商品になるわけですが、主に教材が基本となるかもしれません。教材が渡され、それを勉強してさらに下の人たちに広げるわけです。健康食品などもありがたいと言えますが、このような教材が出回る事は、国民全体の学力アップにつながる可能性も否定できません。小さなうちからそのような組織ができれば、学力の高い組織になる可能性もあります。もっとも、勉強が好きな人もいれば嫌いな人もいますので、最初から抵抗がある人には広がりにくくなると言う欠点もあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。