●eラーニング研究所 詐欺被害を受けることはないともいえない

eラーニング研究所が犯罪者から何かの攻撃を受ければ、詐欺被害を被ることになるのでしょうか。詐欺事件といえば人間を相手にしていることを前提にしています。ところが会社を相手にするとなると人間を相手にしている犯罪行為とはいえないか問題になるわけです。なんか凄く屁理屈ですが、法律というのはそうした融通が効かないのです。 ただ、この点は幸い会社などの法人を相手にしていても、結局は具体的な誰かを相手に詐欺行為にでるほかないので詐欺罪が成立することに変わりはありません。つまりeラーニング研究所 詐欺被害事件の可能性は常に存在していると言えます。

●仮想通貨はうさんくさいのか

ところで最近ではビットコインの暴騰と暴落が話題になっています。24時間で3割ほども値上がりするなど、マーケットのボラティリティは異常な様相を呈しています。巨万の富を手にする「クジラ」とも称される大口機関投資家をはじめ、値動きに翻弄される人々に至るまで悲喜こもごもの状況です。現在では規模の小さいものも含めると、3000種類以上の仮想通貨が存在していると言います。なかには登場してすぐに姿を消していく泡沫仮想通貨もあるそう。なかには投資家をだます意図で公開されることもあり、貴重な財産を騙し取られるかもしれないことを頭の片隅において、取引に臨む必要があります。仮想通貨は胡散臭い側面もあるだけに、興味本位で手をだすのは危険かもしれません。

●電子計算機使用詐欺になるのか

eラーニング研究所 詐欺被害の可能性が指摘されるほどだけに、日常生活にも詐欺事件は忍び込んでいます。最近報道で取り上げられたのは、スーパーで値段シールを張り替えて不正に安い価格で購入した行為が、電子計算機使用詐欺として立件された事例です。夕方以降にはりだされる「半額シール」などを、対象外の商品に貼り付けて価格をごまかそうとしたことで逮捕されたというわけです。普通の詐欺事件ではなく、電子計算機使用詐欺で逮捕されたというのがみそです。
レジ係の店員を相手に同様の行為に出れば、まごうかたなく詐欺行為が成立することに異論はありません。しかし今回の事例では無人清算機で会計を済ませているため、人間を相手に詐欺行為をはたらいたという評価は困難です。そこで電子計算機、つまり無人レジに不正な指令を行わせて、不当に支払い金額を面脱してと評価されて、電子計算機使用詐欺という耳慣れない犯罪で立件されることになりました。eラーニング研究所 詐欺というのもマシーンを介在して利用することになるだけに要注意です。

●eラーニング研究所 詐欺というのは仮想通貨暴落時を想像してみる

eラーニング研究所 詐欺としては仮想通貨暴落時を想定してみると興味深いです。思わぬマーケットの動向に振り回されるのと同様に、eラーニング研究所 詐欺という状況でも判断に迷う難しい状況に直面するかもしれません。
eラーニング研究所 詐欺という事態に発展することのないように、警戒を怠らないことが重要です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です