●マルチ商法の危険な罠、お友達紹介システム

フォルスクラブはインターネットを地盤にビジネスを展開しているため、しばしばマルチ商法なのではないか、との疑念をもたれることが多くありました。口コミを通じて会員数が増加してきたことに関係しているのかもしれません。しかし実態をつぶさにみればフォルスクラブがマルチ商法とは無縁の事業展開を見せていることが理解できるはずです。 ここで改めて両者の関係を検討してみるために、マルチ商法の実態に迫ってみたいと思います。マルチ商法では友達紹介システムが多用されています。これはある商品やサービスを利用した際に、お友達を紹介して消費やサービス利用に寄与すると報酬が支払われるというものです。例えば紹介した側には利用サービスを割引価格で利用できたり、キャッシュバックしたりするというものが典型的です。なかにはヒエラルキー構造が構築されており、上部の一握りの幹部に利益が還流するシステムが採用されていることもあります。

●マルチ商法は悪質商法ではあるものの、中途半端な規制にとどまっている

マルチ商法の意義を確認しておくと、既存会員が新規会員を誘引し、新たな新規会員がさらに別のメンバーを誘うと言う連鎖を実践することで階層組織の拡大をはかる商法のことです。正式詠唱は連鎖販売取引で、その実態は無限連鎖取引と判断されて司法当局に摘発された事例も枚挙にいとまがありません。
ピラミッド型の階層組織を形成することや、新たなメンバーの誘引など無限連鎖取引と類似する部分が多く、kぁねてより問題視されてきました。仮に1人のメンバーが2人ずつ新規会員を加入させるモデルを想定すると、28代目には日本の総人口を上回る1億3000万人になります。つまりマルチ商法は早晩、破綻することが目に見えているビジネスモデルというわけです。

●フォルスクラブは電子媒体による各種のコンテンツ提供がメインの事業

フォルスクラブでは電子媒体によるコンテンツ提供が次行の柱になっています。インターネットを舞台にユーザーに必要な媒体を提供するビジネスモデルのなっているので、マルチ商法のようなお友達紹介システムが作用する余地は非常に小さいといえます。なぜならフォルスクラブが会員数を右肩上がりで増加させているのは、あくまでコンテンツ内容が評価されて、インターネット上での口コミが伝播の主要な経路になったからにすぎません。わざわざ仲介手数料の報酬を想定するまでもなくメンバーを増加させることができるメカニズムが作用しているので、マルチ商法を採用する意義はほとんどないわけです。

●フォルスクラブが順調に成長している理由を理解する

フォルスクラブはあくまでユーザーにとっての利益になる内容を提供するからこそ高い評価を集めてきました。マルチ商法といったグレーゾーンの怪しい手法を選択するまでもなくフォルスクラブは成長を続け現在に至っています。これまでの実績のつみあげを参照してみても、フォルスクラブはマルチ商法とは無縁のサービスを提供していることが理解できのではないでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です