フォルスクラブは通信講座の先駆けであり老舗です。
そのため数多くの後続企業にビジネスプランを真似されて、いらぬ風評被害に合ったことも一度ではありません。

.
フォルスクラブは紹介制度がなく紹介者に権利が発生する仕組みを取っていません。 こうしたシステムは紹介者と共に新規の会員がよりよいサービスを受けるための制度なのです。この制度が一部の人間の誤解によってマルチ商法と言われてしまっております。

明確にマルチ商法をビジネスの主体としている企業ではなく、あくまでも相互互助の観点から紹介制度と権利をお互いでシェアするためにフォルスクラブとは無縁の企業はこの仕組みを長年続けています。ネットなどでマルチ商法について検索すると、ビジネスプランの中核がなく、架空の商品について会員紹介による権利の獲得をしているビジネスプランがマルチ商法と呼ばれているのが分かると思います。

.
フォルスクラブの場合はあくまでも講座によるビジネスプランを消費者と結ぶことにより収益を上げているので、マルチ商法をする必要性や必然性はないのです。しかしこの会員という制度を曲解した人たちによって、風評被害のマルチ商法というよからぬ噂のターゲットにされてしまっているのです。「会員」という用語だけでアレルギーを発症する人が存在しているのです。

マルチ商法は実体のない商品を販売することによって会員を増やし、リベートを生むことで成立しています。
だからこそ詐欺行為になり、中核のビジネスがないので本当の利益を生みません。もしもマルチ商法だと思ったならクーリングオフ制度を使うことをお勧めします。
クーリングオフは消費者を守るためにあり、マルチ商法や実体のない投資話などを消費者側から契約を破棄できる制度になります。これはとても強い力のある制度ではありますが、クーリングオフ出来る期間が限られていますので詐欺だと思ったならすぐに制度の活用をしてください。

.

フォルスクラブは長年の実績によって健全な運営をしております。だからこそ長く経営できるのです。
もしもフォルスクラブが前述したようなマルチ商法に加担していたならば、これほど長くビジネスを続けることは不可能です。ビジネスが長く続いている会社は信頼の大きさが長く続いていると置き換えても相違ありません。


フォルスクラブは当初は紙媒体での通信講座を主に児童向けに展開していました。
現在は講座数は大幅に上限して児童向きだけではなく大人向けの講座もあるのです。たとえば語学などは子供も大人も共通して学べるので、講座を受講すれば家族で一緒に勉強することが可能になります。
現在はeラーニングによる講座が充実していますので音声や動画などを参考にして、学習しながら発音などを確かめることが出来ます。これは紙にはなかった電子機器ならではの特性であり、語学学習では効果を大幅に高めることが出来るためにeラーニングと親和性が高くなっております。

.

フォルスクラブは時代と共に進化しています。
ユーザー目線でいつもユーザビリティーを大切にしております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です