・フォルスクラブのシステムはマルチ商法撲滅に役立つ

営業される行為はマルチ商法だと考えている方が少なくありません。なかには訪問や電話営業すらもマルチ商法だと考えている方がいるのです。つまり対面する状態で営業をされたときに該当すると認識する人が目立ちます。信じて疑わない人を説得するのは容易なことではありません。 そうした人達のなかには、実際に詐欺被害に遭遇したというケースが多いようです。自分自身が騙されてしまったからこそ、対面・電話営業は悪いものと認識してしまうのでしょう。自分以外の全人類は「悪」と思っているのかもしれません。そこでフォルスクラブをうまく活用し、マルチ商法をなくすことはできないのでしょうか。今や買い物をするのも、実店舗を利用しなくてもオンラインで事足りる時代になりました。人と直接会うことがなくなれば、怪しいビジネスに遭遇するリスクは減るはずです。

・孤独が悪徳ビジネスを遠ざける

家に閉じこもっている状態は、少なくとも対面による詐欺に遭遇する心配はありません。つまりフォルスクラブのようにオンラインでやり取りができれば、外出せずに普通に生活することが可能になります。世界中の人達が孤独になれば、少なくともマルチ商法を勧められるリスクは減るでしょう。もちろんオンラインを通してマルチ商法を勧めてくる相手はいますが、対面をしない状態であれば冷静に判断力を働かせることができるはずです。対面すると相手の勢いに押されてしまうという人も、オンラインなら冷静かつ考える時間を確保できるわけです。

・人と人が面会してはいけない決まりがあれば

ビジネスでは人と人との接触が欠かせません。しかし直接会うという行為は、ときに詐欺被害に遭遇するなどのリスクを生みます。フォルスクラブがこれほど注目されるのは、すべてのやり取りをオンラインで完了できるからです。オンラインは不便という先入観を持っている方も、実際にフォルスクラブをプレイしてみたら考えが変わったという話は少なくありません。ゆえにフォルスクラブはオンラインのノウハウを学習するためにも役立つわけです。特に高齢者はオンラインに慣れていないケースが多いので、入門編としてフォルスクラブは最適です。いずれにしても人同士が面会できない決まりができあがれば、悪徳ビジネスに遭遇する可能性は減ります。

・高齢者の一人暮らしは特に注意を

詐欺師は高齢者をターゲットにすることが多いです。高齢者は貯蓄に余裕があることが多く、なかには認知症などで判断力が低下している方もいます。そうした高齢者がマルチ商法に遭遇してしまえば、騙されてしまうリスクは高いでしょう。マルチ商法に遭わない最大のコツは、人と会わないことにほかなりません。そうした意味でフォルスクラブのシステムは、詐欺撲滅のために最適でしょう。もちろんオンラインにおいても情報リテラシーは必要ですが、少なくとも対面方式と比べてリスクは低いです。周りに人がいない状況では、急かされる状況になりにくいためです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です