フォルスクラブがマルチ商法と誤解された理由

フォルスクラブは通信講座のパイオニア企業であり、現在では通信教育講座の老舗です。

そのため数多くの後続企業がフォルスクラブを見本にしてビジネスプランを展開し、風評被害の的になってしまったことも一度や二度ではありません。システムを改悪してユーザーの不利益になることをし、その余波が一番有名だった企業に降りかかってしまったという経緯になるのです。
一部の人間の誤解や曲解によってマルチ商法と言われてしまっている風評被害が発生しております。

マルチ商法をビジネスの主軸にしているわけではなく、相互互助の観点から紹介制度を取っており、運営者と会員双方が権利をお互いにシェアするためにこの紹介制度の仕組みを長年続けています。マルチ商法について検索するとビジネスプランの中身がなく、権利の獲得だけを目的化しているビジネスプランがマルチ商法と呼ばれております。つまり実態のあるフォルスクラブは、マルチ商法ではありません。

フォルスクラブはあくまでも講座を通じて、運営会社と消費者が結びつくことにより収益を上げているのです。実態があるのだから、マルチ商法をする必要性はありません。会員紹介という制度を曲解した人たちによって、風評被害が発生してしまいマルチ商法という噂のターゲットにされてしまった経緯があるのです。

マルチ商法は実体のない商品を販売しながら会員を増やしてゆき、新しい会員がリベートを生むことによって成立しているシステムです。だからこそ詐欺行為になり、中核のビジネスがないので本当の利益を生み出すことが出来ません。もしもマルチ商法だと思ったなら、消費者保護のクーリングオフ制度を使うことを強くお勧めします。

クーリングオフ制度は消費者を守るためにある法律であり、マルチ商法や実体のない投資話などから消費者側を守ってくれるのです。悪質な契約から消費者を守り契約を破棄できる制度になります。クーリングオフ出来る期間は限られています。不安を感じたならすぐに制度の活用をしてください。

フォルスクラブは長年の実績に基づいて、法律を順守した健全運営をしております。だからこそ長く企業が存続しています。フォルスクラブがマルチ商法に加担していたならば、長くビジネスを続けることは不可能でした。信頼されているからこそ、老舗企業として現在も運営を続けているのです。

フォルスクラブは創業当初は、テキスト資料の通信講座を小学生や中学生に向けて展開していました。現在はインターネットラーニングのシステムをメインにして、学生だけではなく大人向けの講座も展開しております。語学などは子供も大人も共通して学べるカリキュラムになり、入会・受講をすれば家族5名までご一緒に通信講座を受講することが可能になっています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です