フォルスクラブのLEARNING EYESに似ている教材を探せ

フォルスクラブのLEARNING EYES。

中学生からビジネスマンに向けての英語を、動画形式で覚えられると評判になっています。

ところでこのコンテンツですが、他にはないのでしょうか?

今回はフォルスクラブのLEARNING EYESに似た教材が無いか探してみたいと思います。

 

まず、LEARNING EYESは英語のホームドラマになります。

そしてこうしたホームドラマは世界中に存在します。

FRIENDSやHow I Met Your MotherやFuller houseやgleeなど、注目の作品はいくらでもありますよね。

では、そうした作品とLEARNING EYESの違いですが、それはセリフにあると言えます。

海外ドラマの多くはネイティブなセリフが主体ですが、LEARNING EYESは畏まった表現が主体になるはずです。

英文法の勉強が目的になりますので、意味不明なセリフやスラングは極力排除されています。

 

ストーリーの面白さよりも、フォルスクラブは正しい英文法を覚えさせることを目的にしているのです。

おそらく、英語圏の方がLEARNING EYESを見たら、違和感だらけになると思います。

仮に日本語で訳してみると、

「私はお腹が空きました」

「分かりました。私はあなたのためにハンバーガーを買ってきます」

という感じでしょうか。

完全にロボットですね。

 

また、字幕の付け方も特徴的と言えます。

一般的な字幕はかなり小さく表示されますが、フォルスクラブのLEARNING EYESの字幕はかなり大きいです。

画面の4分の1は字幕で占められています。

普通にドラマを観たい方からしたら、邪魔以外のなにものでもありません。

しかし、勉強を目的にしている人たちには、字幕はとてもありがたい存在です。

 

海外のドラマではなく、フォルスクラブのように勉強を目的に提供している英語動画は、ほとんどないと言えます。

文科省(の傘下の企業)あたりが作成しているかもしれませんが、民間が独自に作成しているケースは少ないです。

LEARNING EYESに似ている教材を探すのは、一筋縄ではいきませんね。

皆さんも探してみてください。

フォルスクラブのようなeラーニングは他にはないだろうか

フォルスクラブのようなeラーニングは他にはないと言えます。

しかしそれは探してないだけで、もしかしたらあるかもしれません。

今回は「複数のコンテンツが同時に収録されている」という特徴を持つeラーニングが他にはないか、本格的に探してみたいと思います。

 

面白いことに以下のタイトルの論文を発見しました。

「Development and evaluate of e-Learning system used many contents : Study contents into AIRS」

複数のコンテンツを利用できるeラーニングのことで、まさにフォルスクラブのような教材について語っています。

概要しか読めませんでしたが、それによると、

「大抵のeラーニングは単一のことしか学べないが、学習者によっては理解度や進捗度は異なる。それゆえ、どんな人にも対応できるように複数のコンテンツを同時に配信する必要がある」

というようなことが書かれていました。

これはまさにフォルスクラブのコンセプトに完全にマッチしていると言えます。

むしろ、この論文が登場したことでフォルスクラブが誕生したかとも思いましたが、残念ながら、論文の方が4年も後です。

 

複数のコンテンツが同時に収録されているeラーニングでしたら、塾が提供しているものがそれにあたります。

今や塾もeラーニング事業に参入している時代なのです。

主に宿題として出すことが多いみたいです。

特に個別指導塾でしたら、教える内容はひとりひとり違いますので、必要に応じて戻り学習もします。

eラーニングの内容も学年に縛られずに、個々にあった内容で、宿題として出すと思いますよ。

しかしそれでも基本5教科にしか対応していませんので、フォルスクラブには勝てそうもありませんね。

 

やはり本気で探しても、フォルスクラブのような「複数のコンテンツを同時に収録」しているeラーニングは見つかりません。

この特徴はフォルスクラブオンリーワンと言えるかもしれませんね。

イーラーニング研究所で勉強すればFP3級は軽く合格できる

過去問はとても重要です。

試験内容によって重要度は変化しますが、FP3級に至ってはほとんど過去問から出題されます。

簡単に言えば、「範囲が狭い」「応用の余地がない」ということです。

過去問を延々とやるだけで、合格ラインに達することがほとんどと言われています。

 

イーラーニング研究所のスマホアプリを使えばFP3級の勉強が可能です。

記憶定着モードと試験モードの2つがあり、目的に合わせて勉強することが出来ます。

そして出題される内容は毎年似たようなものばかりです。

過去5年分の試験をやれば、何回も同じ問題が登場することに気が付くと思います。

また、一般常識に近い問題もよく登場します。

さすがに無勉強ではテストを突破できませんが、テキストで勉強する際は、普通に二択問題を解けることが多いと思いますよ。

 

FP3級に合格するだけでしたら、とても簡単です。

イーラーニング研究所のスマホアプリだけで合格することが可能です。

ただし、FP2級を目指したり、実務でFPの知識を使うなら、かなり本格的に勉強しないといけません。

FP3級の合格ラインは6割ほどですが、実務で使うなら確実に10割の知識を身に付けたいところです。

イーラーニング研究所のスマホアプリで勉強するだけでなく、色々な参考書を読み解く必要があります。

きんざいのテキストとかオススメですよ。

 

銀行員が実務で使うなら10割の知識が必要ですが、自分で資産運用(株とか)するなら、大雑把に覚えるだけで十分です。

別にテストではありませんので、分からない用語が出たり、計算が必要になったら、資料を引っ張って調べればOKです。

イーラーニング研究所のスマホアプリで触りだけ知識を身に付けて、何となく覚えるだけでも、それなりに有用ですよ。

上松恵理子はイーラーニング研究所の顧問です

上松恵理子が誰かと思ったら、どうやら顧問の方のようでした。

イーラーニング研究所の公式サイトでは書籍が4つ紹介されていて、うち3つは社長のものです。

そして1つは上松恵理子で、一体誰なのかと悩みましたが、イーラーニング研究所の顧問というオチでした。

 

上松恵理子のその書籍ですが、タイトルは「小学校にプログラミングがやってきた!超入門編」になります。

プログラミングの需要は年々高まってきており、一般市民でもプログラミングをするのが当たり前になる時代になりつつあります。

それゆえ、小学校でもプログラミングの授業が導入されるとのこと。

2020年からスタートすると言われています。

そして、この書籍は4ヶ月前に発刊されました。

割と新しめの書籍になりますので、最新の世論の情報が詰まっていると言えそうです。

イーラーニング研究所もかなり強く薦めていますよ。

 

その中身ですが、教師が小学生にどうやってプログラミングを教えればいいのか、といったことが書かれています。

要は指導指南書のようなものですね。

教師が読むための本で、子供に楽しくプログラミングを教えるテクニックが書きこまれています。

こうした情報はネットから調べることが出来ませんので、上松恵理子のこの書籍はかなり有用と言えそうです。

小学校の教師に関わらず、興味がある方は是非、読んでみてください。

 

イーラーニング研究所もプログラミングの重要性は重々承知している筈です。

と言うより、事業の大半はプログラミングかもしれません。

新しい教材を作成する際は、資料集めも大変ですが、そのデータを入力するにはプログラミングが必須です。

パソコンに詳しくないとイーラーニング研究所の仕事は務まらないのです。

イーラーニング研究所はタブレットを配る

様々な社会貢献活動を行っているイーラーニング研究所。

様々な児童福祉施設や教育機関に無料でタブレットを配る活動を2008年から続けています。

自社製造のタブレットなので、使い心地は保証済みです。

1個5万円相当のタブレットを、ひとつの施設に対して大体3つくらい配っていると思います。

 

2008年からイーラーニング研究所はこの活動を続けており、しかも月に3回もやる盛況っぷりです。

正直、そんなに5万円相当のタブレットを配って、予算の方は大丈夫なのでしょうか。

他のところで稼いでいるから、大丈夫なのかもしれませんね。

 

そのタブレットの特徴ですが、オリジナル教育コンテンツが20種類以上備わっています。

色々なアプリが揃っていますので、飽きずに学べますね。

もちろん、別なことに使っても大丈夫です。

ネットサーフィンとかも良いかもしれませんね。

 

イーラーニング研究所が寄付活動を行ってきた理由は、教育格差を無くすことを目標としているからです。

教育理念でも「すべての人に教育を届ける」を掲げており、満足に塾に通えない子供たちにタブレットを配るのは、企業方針として当然のことかもしれませんね。

お金が無い方でも満足いく教育を受けられるように、イーラーニング研究所は今日もどこかで寄贈活動をしているのかもしれません。

 

他にも、イーラーニング研究所はスマイル・エコ・プログラムにも参加しています。

こちらは端的に言えば、寄付活動になります。

世界の恵まれない子たちに、教育やお薬をお届けするために、いくらかの募金活動を行っているのです。

教育を受けられない子は、発展途上国に数えきれないほど居ますので、そうした子どもたちを救済すべく、イーラーニング研究所は様々な活動を通して、社会貢献しているのです。

 

そのうち、海外にもタブレットをプレゼントするかもしれませんね。

まだ日本でしか対応できませんが、今後の活動内容によっては、世界でも十分使えるものを提供するようになるかもしれませんよ。